HOME>トピックス>クリエイターになるまでの道のりを視野に入れよう

知識や技術は専門学校で学んでおく

ゲームを作る人

必要なスキルは言うまでもなく、ゲームクリエイターになるには専門学校で基礎的知識と技術を身につけましょう。独学ではコンピューター関連の知識、情報量の少なさ、就職では売り込みをしなければならなくなりますから、ゲームメーカーやゲームソフト開発会社へ就職するつもりならば、必要な学歴を修了しておきましょう。

職種は細分化されている

ゲーム機

独学からゲームクリエイターになるには、職種によって勉強すべきことが異なる点に注意が必要で、ゲームクリエイターという仕事は細分化されます。例えば、プログラマー・デザイナー・プランナーなどで、経験を積まなければクリエイターになるには遠回りになりがち、近道したいならば教育をしっかり受けておきましょう。

適性を知ること

ゲームする人

ゲームクリエイターになるには、仕事内容をどれだけ理解できているのか、ということに着目しなければなりません。やりがいにも通じる内容ですし、働くフィールドを選べるにしても、求められる力(知識や技術)は異なります。どんな資格を取得しておくべきか、特に専門学校などでは就職や転職支援も担ってくれます。しかし、なりたいからなれるのではなく、適性を知ることも必要で、アイデアを生み出すことができる、協調性が持てることも必要です。ゲームを一本作るにも、プランナーからシナリオライター、グラフィックデザイナーなどが携わりますから、協調性は大事なのです。

学歴は関係なくとも必要なことがある

コントローラーとゲームソフト

直接売り込んだり、コンクールに応募するなどして実績を高く評価してもらうなど、ゲームクリエイターになるには努力が必要不可欠です。制作や組み立て(グラフィックやフロントエンド)に自信があっても、企業に採用されなければ働くことができません。独立を目指すなら、売り込みが必要で、商品化が決定しなければ制作スタッフが揃いません。学歴はあまり関係なくとも、まずは、専門知識を身につけましょう。

広告募集中